プロフィール

みなみかぜ

Author:みなみかぜ
癒したい、癒されたいと日々思っている みなみかぜです。 やすらぎ、ヒーリングCD、ちょこっとためになることを紹介していきたいと思います。

~名前・・・みなみかぜ

~住んでる所・・・海の近く

~とし・・・もういりません歳。

~趣味・・・おせっかい、音楽鑑賞。

薬用スカルプD

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

Amazon.co.jp

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

RSS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒したい!日常を少しでも楽しく。

癒したい~リセット!笑って前向き

休日の終わり。
「ああ、現実に引き戻される。やだ!」などとため息をついている同士諸君。
でも、この週末も立派な「現実」だったはず。楽しかったことを振り返り、「リフレッシュできた私は別人のようだ」というイメージを描くと少しは楽になれる。

そんなに前向きな気分になれない、明日から始まる一週間。緊張する仕事、苦手なあの人・・・、心配事が色々とうかんできたら、「フン!」と鼻で笑ってしまいましょう。そのとき、いかにもバカにしたように笑うのがコツで、吹き飛ばしてしまおう。
それがとるに足りない悩みに思えてくるから不思議。
「ふん!」って意外と魔法の言葉かも。

グリコネットショップ

スポンサーサイト

癒したい!日常を少しでも楽しく。

癒したい!~よりよい睡眠

睡眠障害対処 12 の指針

人間は平均で6から8時間の睡眠をとってる方が多いのではないかと思います。でもどしても寝付けないことってありますよね。

先日、薬の処方箋で病院に出かけた際、なにげにとった睡眠障害対処 12 の指針のパンフレットからですが抜粋して紹介します。

1.睡眠時間はそれぞれ。日中の眠気で困らなければ十分。
 要は目安の8時間睡眠にこだわらなくても大丈夫だそうです。

2.刺激物をさけ、寝る前には自分なりのリラックスを。
 軽い読書、音楽、ぬるめの入浴香り等、リラックスすると入眠しやすくなる。自分にあった方法をみつけましょう。
快適睡眠

3.眠たくなってから床に就く、就寝時間にこだわり過ぎない
 眠ろうとする意気込が頭をさえさせて寝付きを悪くするということで眠れないときは床からでてリラックスし、眠くなってから床に入る。

4.同じ時刻に毎日起床。
 早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる。
 
5.光の利用
 起床後、なるべく早く太陽の光を浴びることが、夜、速やかで快適な入眠をもたらします。

6.規則正しい3度の食事と規則的な運動習慣。
 運動習慣のある人は不眠になりにくい。軽く汗ばむ程度で。

7.昼寝をするなら、15時前の20~30分。

 長い昼寝はかえってぼんやり。午後3時以降も夜の睡眠に悪影響。

8.眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起き。
 寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る。

9.睡眠中の激しいいびき・呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意。
 別の病気のために睡眠が妨げられていることも。医師に相談を。

10.十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に。
 過眠症という病気が隠れている。

11.睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと。
 深い睡眠を減らし、習慣性で急速に量が増えたりし、精神的・身体的問題が起こりやすくなる。

12.睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安心。
 でもなるべくなら頼りたくないですね。

ざっとですが、要は必要な睡眠時間には個人差があり、長く眠ろうと思ってもそれだけ眠れるわけではない。また、日中の活動に特に問題がなければ8時間睡眠にこだわる必要はないとのことです。
 



癒したい!日常を少しでも楽しく。

『幸せを呼ぶ 快眠ヒーリング』

<幸せを呼ぶ>快眠ヒーリング三 橋 美 穂


自動車メーカーでのマーケティング職を経て渡英。帰国後、1996年に寝具メーカー・ロフテー(株)入社。同社が運営する研究開発部門「快眠スタジオ」にて、商品開発や眠りのアドバイザーを経験。2001年より同スタジオ所長。

2003年に快眠セラピストとして独立。心の環境、体の環境、睡眠の環境を整えることが快眠の3つの柱と考え、睡眠とストレス、食事、色彩、体操、呼吸法、寝具などとの関わりについて研究。講演や執筆を通して、眠りの大切さや快眠の工夫、寝具の選び方などをアドバイスしている。特に枕は、その人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかすぐにわかるほど。

専門知識を背景にしながらも、具体的で誰にでもわかりやすく、生活の中で簡単に実践できるアドバイスには定評がある。

松下電工の“快眠コンシェルジュ”の育成、パラマウントベッドとの枕の共同開発、札幌センチュリーロイヤルホテル『ブラン』の寝具まわりコーディネイト&人材育成など、大手企業の睡眠関連事業にも携わっている。

寝具や寝室環境、食事などのほか、眠りに影響が大きいにも関わらず、これまであまり睡眠分野で語られてこなかった、“こころのあり方”に重点を置いています。私の想いのたけを込めた、渾身の一冊です。ぜひご一読ください。
『幸せを呼ぶ 快眠ヒーリング』


癒したい!日常を少しでも楽しく。

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。