プロフィール

みなみかぜ

Author:みなみかぜ
癒したい、癒されたいと日々思っている みなみかぜです。 やすらぎ、ヒーリングCD、ちょこっとためになることを紹介していきたいと思います。

~名前・・・みなみかぜ

~住んでる所・・・海の近く

~とし・・・もういりません歳。

~趣味・・・おせっかい、音楽鑑賞。

薬用スカルプD

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

Amazon.co.jp

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

RSS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒したい!日常を少しでも楽しく。

癒したい!~モーツァルトで心身快適に

BMGが「聴くサプリ」

20060824h198o000_24.jpgモーツァルトの名曲を難病治療にとりいれている医師の監修を得たもので、説明書にもりこんだ自己診断チェックリストで心身の状態を確認し、その時々の状態に合ったCDを選べるようにした、「聴いて癒される」をテーマにした6枚組モーツァルトCD集

聴くサプリwithモーツァルト

 たとえば「血行を促進する『癒し』のサプリ」は、歌劇「フィガロの結婚」など8曲、「免疫を高める『寛容』のサプリ」には、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第1楽章など11曲で構成する。
このほか「代謝を高める『聴覚再生』」「頭脳を活性化する『脳イキイキ』」「消化力を上げる『生活改善』」「ストレス解消『快眠』」の全6枚がセットで、60項目のチェックシート(「怒りっぽい」「いつもイライラする」「ねむりが浅く、疲れが取れない」など)で自己診断し、症状にあったCDを選べる。

モーツァルト生誕250年の今年、様々な関連CDがヒットしていますが、モーツァルトの音楽に多くふくまれる高音域は、胎児が母親の胎内にいた頃に聴こえていた母親の声などに近く、モーツァルトの楽曲を聴くことで、ストレスから開放されるとされています。

スポンサーサイト

癒したい!日常を少しでも楽しく。

癒したい!~モーツァルトの曲は脳を活性化!

>
ヴォルフガング=アマデウス・モーツァルトは歴史上で全世界に
最も良く知られる音楽家です。
オーストリアで1756年1月27日に生まれた天才音楽家モーツァルト。

彼は35年の短い生涯の中で、人々に愛される多くの旋律を生み出し、どの曲もどこかで耳にしたことがあると思います。また、モーツァルトの曲は脳を活性化させると言われています。

「気分転換をしたいときに」、「集中力を高めたいときに」、「ドライブに」リラックスと、癒しの時をあたえてくれます。




癒したい!日常を少しでも楽しく。

癒したい~モーツアルト生誕250年③

天才作曲家という評判に加え、その人柄も社交的で人間味にあふれていたというモーツアルト

今も残る約400通の手紙からそのことが分かります。
奥さんのコンスタンツェには、熱いラブレターを、また友達には自分のオペラが好評だったことを喜ぶ素直な文章がつづられているそうです。
なかには、下品な言葉や冗談っぽい題名の曲もある。

借金申し込みの手紙も残っているそうです。最近の調査では、モーツアルトはお金もちだったらしいことが分かっているそうです。が、収入よりも出費が多く金遣いが荒かったようです。
 
ヒーリング



モーツァルトセラピー・シリーズvol.5 くつろぎとリラクセーション 深い休息と回復をもたらす音楽
ヒーリングミュージック
インディペンデントレーベル (2003/11/01)
売り上げランキング: 9,112
おすすめ度の平均: 5
5 モーツァルト効果が十二分に発揮!

癒したい!日常を少しでも楽しく。

癒したい~モーツアルト生誕250年②

幼いころから神童と呼ばれていたモーツアルト。
亡くなる35歳までに、700から800曲を作ったといわれています。

作品は交響曲、協奏曲、オペラと幅広く、特に弦楽曲「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(小夜曲)やオペラ「魔笛(まてき)」などが有名で、ピアノの「トルコ行進曲」は、皆さんも聴いたことがあると思います。

今も人気が高い曲が多く、「聴くと脳が活性化する」「健康によい」という報告例もあるほど。

演奏会へでかけ、生の音楽を聴くとその雰囲気だけで癒されるのですが、CDなどで日常でさりげなく聴くのもよい方法だとおもいます。
 Amazon.co.jp
 


100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=
オムニバス(クラシック) カペラ・イストロポリターナ ワーズワース(バリー) モーツァルト ジャーマン・ウインド・ソロイスツ ヤンドー(イェネ) ヴァールヨン(デーネシュ) コンツェントゥス・ハンガリクス アンタル(マーティアス) ヴァーレク(イルジー)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2005/08/31)
売り上げランキング: 30
おすすめ度の平均: 4.25
1 選曲ミス?
5 あなたの時間を演出してくれるモーツァルト作品集
4 とにかく聞いてください。



癒したい!日常を少しでも楽しく。

癒したい!~モーツアルト生誕250年

●250年
今年は作曲家モーツアルト(1756~91年)が生まれてから250年に当たる記念の年です。
彼の故郷のオーストリアでは、いろいろなイベントが行われています。
日本でも、モーツアルトをテーマにした音楽祭や演奏会が続々と開かれ、CDもたくさん発売されています。
モーツアルトと彼の音楽を知るのに、今年はよい機会なのではないでしょうか。(雑学知識程度で)




●700~800曲
モーツアルトは幼いときから「神童」とよばれ、王様や貴族につかえる「宮廷音楽家」だったお父さんとともに、欧州各国を演奏して回っていたそうです。
5歳くらいから作曲を始め、35歳で亡くなるまでに、700~800曲作ったといわれています。

●演奏会が一番
モーツアルトの音楽に触れるには、演奏会が一番。でも時間やお金が限られている人には、有名な曲の一部を少しずつ収録したCDがおすすめです。
モーツアルトセラピーシリーズCD

癒したい!日常を少しでも楽しく。

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。